Concept

教育方針

主体性を重視し指導をしています

学ぶ楽しさを感じることができれば、自然と勉強に対して前向きに取り組むようになります。自分の力で考えて行動する「主体的な思考」を重視しており、生徒様に身に付けて欲しい想いから、一人ひとりに合わせたカリキュラムを組んでおります。自分で考えて行動する力を持つことは、様々な人生のタイミングで必ず活きてきます。その力をそれぞれが習得するためのお手伝いをしています。
  • 自立心と主体性を育む塾

    勉強させられるのではなく、自分から勉強するようになるように徹底的にフォローします。

  • 勉強させられるのではなく、自分から勉強するようになるように徹底的にフォローします。

  • 努力の中に"楽しい"を
    見つける塾

    努力は正直しんどいです。ですが、必ず意味があるのです。
    その中で自分の”楽しい”と思えるポイントを見つけることで自分軸の発見に役立ちます。

  • 努力は正直しんどいです。ですが、必ず意味があるのです。
    その中で自分の”楽しい”と思えるポイントを見つけることで自分軸の発見に役立ちます。

  • 社会に出ても役立つ
    スキル形成

    目標設定/PDCA/モチベーションコントロールなどを学習を通して将来に役立つ経験をしていただきます。

  • 目標設定/PDCA/モチベーションコントロールなどを学習を通して将来に役立つ経験をしていただきます。

  • 受け身からの卒業

    「言われたことをやるだけ」から卒業し、自らすべきことを考えられるようになるまでサポートします。

  • 「言われたことをやるだけ」から卒業し、自らすべきことを考えられるようになるまでサポートします。

  • 子ども扱いしません!

    中学生はもう半分大人です。全く対等な1人の人間として向き合います!ですので、お互いに自分の意志は自分で伝えられるようになりましょう!

  • 中学生はもう半分大人です。全く対等な1人の人間として向き合います!ですので、お互いに自分の意志は自分で伝えられるようになりましょう!

個別カリキュラムによる学習管理

1人ひとりに合わせたカリキュラムをお子さまの状況に合わせて、塾長の福田が作成いたします。
得意不得意や抱える課題は十人十色です。 全員が同じカリキュラムで学習していくのではなく、それぞれに合ったオンリーワンのカリキュラムをご用意いたします。

個別面談による目標の共有

※中学生コース/高校生コースが対象
福塾では生徒の皆さんに各々で目標を設定していただきます。
ただし、それは全てを丸投げするというわけではなく、
定期テスト前後の個別面談を通して目標設定のサポートをします。
振り返り面談では設定した目標の達成度合いやその要因を一緒に振り返り、次の目標設定に活かします。

以下の2点を振り返り面談で重要視します。
 
・自分の得意や楽しいを見つける
・ミスした箇所は同じミスをしないようにする

自ら目標を設定し、自分の現状の把握と目標達成までの段取りを組むこと、 そしてその結果に対して出来たことと出来なかったことを把握して次に活かす
という一連の流れを学習として経験することで自主的な思考が習慣付き、将来必ず役に立ちます。

地域で1番楽しい塾

福塾が目指す姿です。
もちろん、“楽しい=楽”ということではありません。
皆さんが見つけたそれぞれの“楽しい”でいっぱいの塾にします!

オンリーワンのカリキュラムをご提案

全員が同じカリキュラムで学習するのではなく、生徒様一人ひとりの習熟度や状況に合わせオンリーワンのものを組んでご提案いたします。個人経営の個別塾だからこそ、痒い所に手が届くようなフォローを行っております。「自分のペースで勉強したい」「正しい勉強方法を知りたい」「勉強に対するモチベーションが欲しい」など、それぞれが抱くお悩みを解消するお手伝いをしています。

学ぶ楽しさを一緒に探しましょう

勉強に対して前向きになれば、自然と学習する体制が整い、成績も向上してきます。「できた」や「わかった」を繰り返し、楽しく感じる瞬間があれば、その感覚を再び味わうために自ずから取り組むようになります。「好きこそものの上手なれ」ということわざにもあるように、前向きに取り組むことを習慣化しましょう。まずは「楽しい」と感じる瞬間を一緒に探してみませんか。

学習サイクルを習慣化しましょう

授業でインプットした内容を演習でアウトプットし、更に「魔法の振り返りシート」を用いて家庭で振り返り学習を行うサイクルを提案しています。インプットと同様にアウトプットの作業は重要で、自分がどの程度理解できているかを知るきっかけとなり、振り返り学習を行うことで、できていない部分に気付き克服できます。このサイクルを習慣化するカリキュラムをご提供しています。

逆に!以下のようなことはできません!

宿題で大量の問題演習を課す

宿題で大量の問題を課されてしまうと、こなすことで満足してしまい、 「宿題を終えた=勉強した」という勘違いを起こしてしまいます。
しかし、それでは何も定着しません。そのため、福塾では宿題として問題は課しません。 やるべきことはお伝えします!

すぐに答えを教える

知識の習得とはただ答えを知ることではありません。
答えにたどり着くまでの思考力を身につけることを達成し初めて習得したと言えます。
福塾では学生の思考が分からない場合には解説対応はいたしかねます。 ​
質問力を鍛えましょう!